So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

お天木次第のもの作り19 [ウッドターニング]

木工旋盤での穴あけは専用機のボール盤とは逆の方法です。
当然の事乍ら旋盤に取り付けた加工品が回転して静止したままのドリルを押し付けます。
 
ずっと以前の或る時に初めてウッドターニング(木工旋盤加工)を見た方が‘へぇ~・・ドリルは回らないんだ’とびっくりしていました(^^)/
 
旋盤を操作する自分では当たり前と思っていた事も見る機会の無かった方には驚きなんだと気付きました。
 
高が球の穴あけですがドリルの太さに依って回転スピードを下げたり上げたりの調節とドリルを押し込む力加減もそれなりに必要なテクニック
 
ウッドターニングって奥が深いなぁ(自分で感心するナ*^^*)
 
人形作家の球4
4球7.JPG
計測
真ん中と左右×の径をノギスで60∮確認
出っ張った両端は30∮穴を通すので大概に
4球8.JPG
穴あけ準備
ドリルは真っ芯に通しますが球を削った時の芯押さえ跡が役に立ちます

ちょっと休憩

今年の梅雨はカラカラお天気だったり地域に依っては豪雨だったり。
東海の当地も梅雨入り以来一日だけ大雨が降りましたがきょうはどうやら梅雨空に。
 
いつものウォーキングも行く気になった時は大体晴れでした(雨なら行く気なし^^)。
お蔭で毎日ではないにしても大池公園へ行くこと足繁く。
 
公園の所々に数本のヤマモモの実が色づいています。
美味しそうですが公園内は時々業者の方が(強い)消毒をしているので食べられません。
 
と思っていますがどうでしょうかネ(*^^*)
 
ヤマモモ.JPG
生り年?
どの木にも実がびっしり
  
ヤマモモa.JPG
ヤマモモ美味そう
ですがサクラの木と共に消毒されているのでアブナイかも
子供の頃は学校近くの木に登ってよく食べました
 
アジサイ.JPG
土は酸性?
公園の木陰のあちこちでアジサイが満開です
別の所には赤っぽい花(アルカリ土壌)も

お天木次第のもの作り18 [ウッドターニング]

何とかの一つ覚えで時々言いますが木彫名人の特に仏師ともなると木の中に埋もれた仏像をノミで掘り出すのだとか。
 
次元は全く違いますがウッドターニングで勘頼りの削り出しにも似たところが。
相通じると言いたいところを弁えて謙虚に(^^)/
 
その勘で削る60∮球は直径もその中間も始めに付けた目印を基に兎に角丸く。
時々ノギス(計測器)を当ててまん丸だ(自己暗示^^)。
 
人形作家の球3
3球5.JPG
サクサクと
樹種は米マツか?何の材料か分からないのも癪なので当てずっぽう
割と削り易い
 
3球6.JPG
埋もれていた60∮球
そんな筈は無いですがまん丸に削り出し歪は1ミリ以内

お天木次第のもの作り17 [ウッドターニング]

前衛芸術人形の手足の関節部に使われる球はサイズが幾種類かと同じ球でも真ん中に穴をあけたりあけなかったりとかなりの種類になります。
 
今迄一番大きいのが今回の60∮でそれ用の太材はシロウトには況してやタダでの入手が難しくてこれを頼まれるとヒヤヒヤです。
 
有り難い事に共同工房の膨大なストック材の中から建材用材の端材を見つけました。
節が有っても構わないので削るのが厄介でも兎に角太材が手に入ればこっちのもの(^^)/
 
特に面白いでもない球作り^^ツール(刃物)の切れ味楽しみます(^^♪
 
人形作家の球2
2球3.JPG
目安
61∮棒の60Lに切り込みを入れて中間の30Lにも目印
目測で60∮に削るには何十個も作った経験がものを言います
 
2球4.JPG
端から
61∮に作った丸棒材から仕上がり60∮球に端から根気よく削り出し
針葉樹は木目が固いので毟れないように研ぎ立ての刃物で

お天木次第のもの作り16 [ウッドターニング]

もうかれこれ10年は経つでしょうか著名な(その筋では)或る前衛人形作家女史から作品に使う木製球を時々頼まれて作っています。
 
彼女の父親である元勤務先の先輩が近くに在住でそのお孫さん向けに手製のけん玉を上げたご縁から似た様な球を依頼されるようになったのです(ボランティア^^)。
 
爾来年に1,2回いろいろなサイズの球を作ってその芸術活動に細やかな協力中。
 
その前衛人形とは「齣(こま)展」なる前衛芸術会に所属する東京都美術館などで毎年作品展を開催するほどのすごい芸術品なのです。
 
人形は等身大のものから様々で前衛作品とあって若し暗闇で目にすれば芸術心の乏しい我が身ではちょっと怖い感じの造形。
 
その人形の手足の関節に組み込まれる‘球’(これは怖くない)作ります(*^^)v
 
人形作家の球
1球2.jpg
60∮球
Fax.で届いた依頼
近くなので直接来たりFax.だったり
 
1球2a.jpg
’09年に纏めたそれまでの実績品図
 
1球1.JPG
材料
樹種不明の針葉樹らしき端材から61∮の丸棒作り
又の時のために今回は数本を作ってストックして置きます

ちょっと休憩

先日木工仲間から独楽のTV放映の録画CDを頂きました。
長年のこま作りを知る有り難いお気持ちでやっぱり持つべきは友(^^♪
 
録画の中身は有名俳優と昔お会いした事のあるこま師との独楽ずくしのドキュメント。
民法のBS番組で地デジでも毎週放映の「開運!なんでも鑑定団」の関連番組だそうです。
 
ところでPCの普及に伴って記録媒体主流のCDにはラベル貼付や直接プリントと保存の見分けや分類が便利になりました。
 
滅多にやらないCDプリントをして見ました。
ああでもないこうでもないとプリンターソフトの操作を行ったり来たり。
 
良く出来ました(*^_^*)
 
お宝サロンc.jpg
お宝サロンの独楽動画
頂きものの動画CDに自前でプリント(世界にこれ一枚^^)
最近は写真や個人名の無断掲載が厳しくなりましたのでちょっとスプレー
 
DSCN0806.JPG
0.5秒のシーン
瞬きする間のワンカットは再生ストップのPC画面をデジカメ
これくらいなら無断でも許されるかな?

お天木次第のもの作り15 [玩具]

ころころⅡのころ輪新型品出来ました。
梅雨時なのに都合よく空梅雨模様が続いて気の向いた時にいつでも作業が進行。
 
完成6台共作動テストを繰り返して動きを確認全て合格グゥーです。
テストなんて大袈裟な上下ひっくり返して転がり具合を見ただけ(*^^*)
 
最近は動くおもちゃの出来上がりを動画で撮る様に心がけています。
PCに始めからインストールされている動画編集ソフトは単純機能。
 
OSバージョンに依って変わるので偶の操作では儘なりません。
それでも雰囲気だけはお伝え出来ればと思ってます(*^^)v
 
ころころⅡ15 完
15ころころ32.JPG
6台
青色台座の1台は高さが寸足らずでしたがころころ性能には関係なく完成
透明人間?
時々の動画は出来るだけヒトが写らない様に苦労してます
2台倒して置いたのを両手で立ててジ~・・咄嗟の早業(^^)/

お天木次第のもの作り14 [玩具]

組み立てたころころⅡの新型ころ輪に貼ったキッズシールが出来映え上々。
本当は渦巻き模様描きを横着して思い付いたぺたぺたシールが結果オーライでした。
 
昔の子供向けシールは平面プリントでしたが最近は樹脂製の立体形が殆どです。
安価で種類も豊富ですから用途は広くその便利さに思わぬ発見の感しきり(^^♪
 
ころ輪に白いミズキ材を使ったのも正解でおもちゃにもインテリアにも良さそうです。
少し自慢たらしくPR(*^^)v
 
ころころⅡ14
14ころころ30.JPG
ニャンころ
クロねこシリーズのキッズシールはどれもころころ輪にぴったりサイズ
アップして見るとこんな感じ
 
14ころころ31.JPG
オームとワンポイント
この動物シリーズは大き目でころ輪に合う大きさは少しだけ
小さな花?も貼りました

お天木次第のもの作り13 [玩具]

手間取ったころころⅡの6組ようやく出来ました。
造りを工夫したもののグレードアップならずの分はころ輪のデコシールで補いました。
 
キッズデコシールで飾ったころ輪は我乍ら良い出来に。
転んでも^^タダでは起きないしぶとさは長年の木工道楽の賜物です。
 
台座を嵌めてコロ輪を取り付けて・・アッ!一台の高さが違う\(^O^)/
そう言えばころ板のスロープを切り抜く時に気付いていました。
 
スロープ角度はどれも同じに切ったので転がり性能に変わりは有りません。
ドンマイドンマイ(^_-)-☆
 
ころころⅡ13
13ころころ28.JPG
6台分
ころ板6枚、ころ輪18個、台座2/組×6組+予備2組
台座は赤と空色の水性アクリルペイント
 
13ころころ29.JPG
組み立て
ころ輪の片方を外してころ板のスロープへ取り付け
差し込み式ころ輪は取り替え可能

ちょっと休憩

草花の名前はなかなか覚わらなくて特に長い名前を覚えているのは殆ど有りません。
その中でも絶対覚わらない新種(庭の中で)が咲きました。
 
始めは玄関に置いていた観葉植物鉢植えでしたが大きくなり過ぎて庭に植え替えその名前も分からないまま玄関先で長い年月が経ちました。
 
5月の中旬頃に天辺から花房が出たのを見てネット図鑑でいろいろ調べても分からずとうとうお尋ね欄を探して教えを請いました。
 
その日の内に何人かの方からご親切な連絡が。
その名も「コルディリネ・ストリクタ」・・絶対に覚わりません(*^^*)
 
コルディリネ・ストリクタ.JPGコルディリネ・ストリクタb.jpg
コルディリネ・ストリクタ           ネット画像を拝借
何十年?かで初めて花が咲きました
 
コルディリネ・ストリクタa.JPG
小粒でも華やか
1センチくらいの花はよく見ても形が言い表せません
もうひと月がかりで咲いています

前の10件 | -