So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

もうじ木涼しく16 [小物木工]

前回の二段・三段こまに続いて初もの新作に挑みます。
毎日こう暑くてはさすがのもの作り道楽も何か変わったものでないとやってられません。
 
知り合いのと言うよりももの作り仲間のMrs.に燈籠作りもされる方が見えます。
木枠に得意のデザイン画や遊書を張ったりひょうたんに電気ペン?で穴模様をつけたり。
 
そこで真似して燈籠?行燈?の様なミニサイズのインテリア擬きを作って見ます。
細かいので材料は珍しく全て市販材、その方が安全で手っ取り早い(*^^*)。
 
図を描いて先ずは細もの材料裁断の治具作りから(^^♪ 
  
ミニ行燈
1ミニ行燈1.JPG
材料
台は桐集成材、枠木はヒノキ?の5ミリ角棒
 
1ミニ行燈2.JPG
5ミリ角材裁断治具
ウォールナットの端材とスリット入れ用のピラニアソー(薄刃超鋼鋸)
 
1ミニ行燈3.JPG
スリット
工房で溝切り後下穴二か所にクギのアタマを取って垂直に打ち込み
クギに沿ってピラニアソーで直角垂直にスリット入れ

nice!(8)  コメント(0) 

ちょっと休憩

日中の暑さは和らぐ気配が有りません。
ひと頃のカラカラお天気から適当なお湿りも有って道路を隔てた家の前の畑は豊作続き。
 
秋ナスを目論んで実を採って花の咲いていない枝を選定して追肥を。
見落とし続出のキュウリは巨大な大きさに,でもタネが少ないので美味しく食べられます。
 
葉っぱからごろんごろんと覗いている冬瓜を全部収穫しました。
伸び過ぎたツルを先日少し切りましたが未だ花の付いているのを残したので若しかすると実が生るかも。
 
トマトはミニ種の他はもう終わりです。
用を終えた分を引っこ抜こうと思うのですが周りは草ぼうぼうで蚊が待ち構えています。
 
少し涼しくなるまで放って置こう(*^^)v
 
冬瓜.JPG
30センチ超え
今年は買った苗のお蔭で大ものが生りました
何個かを知り合いやご近所に上げてこれは冬まで(^^)/

nice!(8)  コメント(0) 

もうじ木涼しく15 [独楽]

二段こまが出来ました!
初ものの割に作る難しさはそれ程でも無く見てくれも手前みそ乍らグッド(*^^*)
 
出来たと言っても回して見なければ二段こまになるかどうか分からず親こま子こまが揃ってから子こまの軸先を始めよりも短く尖らせて手直し。
 
それからが大変(本当はオモシロイ^^♪)。
親こまの上で子こまを回す二段こまは簡単には回せません。
 
トライして直ぐ二段でクルクル~で良かったのに後は打率2割(巨人のK捕手並み^^)。
パソコンの横に置いて腰かける度に練習・・ようやく誰かが見てる前で回せる様に。
 
それから欲が出て今度は三段こまを作って挑戦・・未だに孫こまが乗りません(*^^*)。
 
二段こま15 完
15二段こま37.JPG
勢揃い
ものの弾みで4組作りました
内2組は直ぐお嫁に
 
15二段こま38.JPG
華麗
うまく回ると見とれます
回し台は以前に他のこま用で作ったもの
 
一発で
カメラセットしてうまい具合に動画が一発でOK
 
三段a.JPG
三段こま
親こま6センチ径、子こま(二段こまの親こま)、孫こま(二段の子こま)
2組作って1組はお嫁に
 
三段b.JPG
はいポーズ
二段目までで三段目は何回トライしても孫こまが吹っ飛びます(*^_^*)

nice!(11)  コメント(0) 

もうじ木涼しく14 [独楽]

軸先が形状不良(尖り不足)になって手直しの二段こまの子こま。
6∮棒を差した軸は更に細く削ったのでもう旋盤のチャック(取り付け具)では掴めません。
 
已む無く本来は芯押し台(旋盤の反駆動側に装着する備品)用のドリルチャックを駆動側に差し込んで細軸を挟み常用外状態での削り加工。
 
旋盤本来の使い方では無いものの小さなこまだから出来る誤魔化し操作です。
子こまの軸先6ミリ程の長さを鋭角に尖らせて先端に摩耗防止の接着剤を浸み込ませて回して見れば・・
 
苦肉の策の結果は良く回ります(^^♪
 
二段こま14
14二段こま34.JPG
軸先
1センチ足らずの間での削りはこれ以上ムリ
 
14二段こま35.JPG
ドリルチャック
旋盤の駆動側にドリルチャックを着けて(常用外)子こまの軸を挟みます
軸先を尖らせて切削
 
14二段こま36.JPG
子こま
軸先に瞬間接着剤を浸み込ませて摩耗対策
回り方も上々
 

nice!(14)  コメント(0) 

もうじ木涼しく13 [独楽]

二段こまの子こまは全体の大きさも軸の太さも思案のしどころです。
親こまとのバランス、捻っての回し易さ等小さければ良いと言うものでもありません。
 
特に軸は太さも長さも小さなこまとして上手く回せると共に親こまの上でも同じように回せる様な寸法と形状が必要です。
 
高がこまされどこまの面目躍如となりますかどうか。
作って回して見ないと分からないもどかしさ(*^^*)
 
二段こま13
13二段こま31.JPG
細軸5∮
もっと細くしたいところを回し易さも考慮して程々に
 
13二段こま32.JPG
裏側と軸先
表面と同じくらいに裏面にも勾配を付けて軸先と共に削り出し
 
13二段こま33.JPG
軸先の形状
親こま軸7∮の窪みで回せる様に尖らせて長からず短かからずの寸法算段
長過ぎれば振れ短か過ぎれば相手側に支えるので勘頼り

nice!(11)  コメント(0) 

ちょっと休憩

日課のウォーキングは暑さに感けてずっと怠け気味(^^)/
家から公園まで750メートル、公園の池の周り1キロを2,3周すると全身汗びとに。
 
汗まみれの後シャワーを浴びるのが面倒でならば汗かき止めようと結局は動かず。
歩くのが健康に良いとは分かっていても今は熱中症厳重警戒中でそっちの方が怖い。
 
と言う事で久々に大池公園をウォーキングして汗を流してシャワーで流してぐったり。
やっぱりこの時期のウォーキングはお休みした方が賢い(*^_^*)
 
ドングリ1.JPG
どんぐり
公園の通路沿いのコナラ(大木)
未だどんぐりには見えません
 
ペンタス.JPG
ペンタス(草山丹花:クササンタンカ)
公園の花壇に初めて見る草花が
元は低木種を花壇用に改良したとか(図鑑を一生懸命調べました(^^)

nice!(11)  コメント(0) 

もうじ木涼しく12 [独楽]

夏場のウッドターニング(木工旋盤加工)は周りの暑さも有って機械はその分熱い環境に晒されます。
 
小型機の中には‘定格時間’と称して一回の稼働時間を30分に制限される機種も。
我が旋盤は小型機の中でも大きな方で幸い定格式ではなく使用時間に制約は無し。
 
風通しの良い家のガレージ工房で日除けをしても時たま汗がポトリ、回す旋盤は熱を持って連続稼働ではなくても1時間2時間と時が経つに連れて過熱気味になって来ます。
 
モーターの熱はそのまま旋盤のカバーには伝わりませんが触ればややアツイ。
人も機械も暑さには要注意の夏場です(^^)/
 
二段こま12
12二段こま29.JPG
子こまの細い軸
こまの大きさによる軸の太さに決まりはなくても相応に細くします
 
12二段こま30.JPG
更に回転を上げて
6∮軸から4~5∮に細く
旋盤の回転も上げて1500r.p.m.くらい

nice!(16)  コメント(0) 

もうじ木涼しく11 [独楽]

二段こまの子こまは3センチ径ですから4.7センチ径の親こまよりも早く削れます。
親こまの周速と同じくらいになる様に旋盤の回転数を上げると削りの速い事(^^♪
 
只、力任せに削る訳では無いのでツール(刃もの)はよく研いで切れを保つのが必要。
切る削る模様刻みと表舞台ばかりが目立ちますが陰の道具手入れもそれ以上大切です。
 
暑い暑いと言っている間に日に依って朝方は空の色吹く風に何となく秋?
ガレージ工房に日除けをして二段こま作り捗っています(*^^)v
  
二段こま11
11二段こま27.JPG
子こま粗削り
6∮軸を差して軸の接着乾燥待ちの間に裏側を削り出し
 
11二段こま28.JPG
さて・・と
小さくても軸の接着の乾燥時間は親こまと一緒
裏側は小さい分早く削れたので暫く時間待ち

nice!(10)  コメント(0) 

もうじ木涼しく10 [独楽]

親こまの次は子こまが要る二段こま。
小さくて楽な様でも普通サイズの親こまよりも子こまの方が細かくて難しい感じ。
 
これも上面を傘形に勾配を付けて軸穴をあけて刻み模様を付けて色付けして。
やる事は親こまと一緒(^^♪
 
もの作りこま作りは小さくなる程力は要らなくても微妙な細工が必要です(*^^*)
 
二段こま10
10二段こま24.JPG
子こま
親こま47∮に対して子こまは30∮
ミズキ材を細く切って径を削って軸穴は6∮
 
10二段こま25.JPG
小テクスチャー
大中小の小ツール(工具)で模様刻み
 
10二段こま26.JPG
山椒は小粒でも
小さくても一人前の手間が掛かります

nice!(11)  コメント(0) 

ちょっと休憩

見聞録と称して諸々テーマの連載の合間(3回ごと)に休憩談を挟んでいます。
内容はノンテーマの閑話休題繋ぎ(^^)/
 
今回はちょっとした木工細工もののジグ(治具)作りの様子です。
いずれブログupする積りの一部ですが細もの材の裁断用の道具を考案しました。
 
正確な裁断を必要とした切る削るの普段は共同工房へ出かけて機械を使っていますが家で同様の作業が手軽に出来るのも必要な事。
 
結構いい治具が出来ました(*^_^*)
 
2ミニ行燈3.JPG
細材裁断用倣い型
工房で細材を挟む溝を切り垂直にガイド棒(釘)を2本立てて
超鋼薄刃鋸をガイド棒に当て直角に切り込みを入れます
 
4ミニ行燈7.JPG
専用材裁断
超鋼鋸で5角材を必要長さに切断
切り込みに倣って正確に裁断出来ます
 
3ミニ行燈6.JPG
正確断面
機械での細もの切断は切り口にカエリが出ますがジグできれいに切れます

nice!(12)  コメント(0) 
前の10件 | -